947-0003 新潟県小千谷市大字ひ生乙1282番地2
電話 0258-82-2250(代表)


どれだけお得になるのか、グラフをご覧下さい。


【ご自宅で発電した電気を電力会社が買い取ります】
住宅用太陽光発電は屋根の上に設置した太陽電池で電気を発電し、家庭の電化製品を利用するシステムです。昼間など家庭で使い切れなくて余った電気は、電力会社に売ることができます。夜間や発電量が不足するときは今まで通り、電力会社から電気を買います。この運転はすべて自動で行われます。
 ※上のグラフは一般的なもので、条件により買電、買い取りの電力量は異なります。


【設置費用概算の一例】
1)太陽光発電システム設置費用
  (標準的な規模例として3.5kW規模の場合で設置費用を試算いたします)

 ◎規模3.5kW×国内設置費用平均単価@75万円+消責税5%
                               =275,625万円・・・

2)国からの設置補助会1kWにつき9万円
  (平成14年度住宅用太陽光発電導入促進事業による。平成15年5月現在)

 ◎国からの設置補助金3.5kW×設置補助金9万円/kW=31,5万円・・・

3)設置費用自己負担額A−B

 ◎A−B = 2,441,125円・・・

4)同上発電規模では年間発電量は3,600kWh/年が見込まれます。
  (メーカーシュミレーション・全国16地点、年間予測発電量平均による)

5)年間予測発電量を電気代に換算
  (電気代単価を約25円/kWhとして試算)

 ◎3,600kWh×25円/kWh=9.0万円/年・・・

6)電気代÷設置費用自己負担額 D÷C

 ◎9.0万円/年÷2,441,125円×100%≒3.7%


【オール電化住宅にすると更にお得!】

◎電気をたくさん使う家族だんらんの「リビングタイム」と夜間「ナイトタイム」の電気代が安くなる料金メニューがございます。太陽光発電との組み合わせで昼間の高い電気を電力会社に売るととてもお得です。

◎更に現在の光熱費と比較してみると下の表のように全体で85%も節約できる例もございます。